牡羊座の満月!周りを見ながらゆっくり前に進もう

坊主「神在聖」の「新月、満月情報コーナー」です。

10月14日、牡羊座で満月を迎えます。

今回の満月は、過激な、いろいろなものが表面化していくような満月となりそうな予感です。

牡羊座の満月の詳細情報を、チェックしてみましょう。

牡羊座の満月について

牡羊座の満月についてのホロスコープ画像

2019年10月14日 6時7分頃、牡羊座で満月となります。

今回の満月は、強いエネルギーに満ち溢れ、個人だけでなく世界レベルでの高揚感を生み出します。

自分の思いや欲求を心の中に貯めこんでいた人ほど、この牡羊座の満月ではより過激に、そして爆発的に表面化するような、そんな激しさを秘めています。

まず、今回の特徴として、牡羊座の月と天秤座満月が向かい合う中、中間地点で山羊座の土星と冥王星が立ち会うアスペクトを取ります。

占星術的にこれは「Tスクエア」を呼ばれるもので、月と太陽の相反する性質のエネルギーを90度の位置にある天体がより刺激を与えます。

これによって、強いエネルギーを生み出し、個人レベルは高いパフォーマンス性を発揮することができるようになるのです。

牡羊座の満月のパワー

牡羊座の満月のパワーのアイキャッチ画像

今回は、牡羊座の満月ですので、「リーダーシップ」「積極性」「冒険」と言った、アクティブなキーワードがクローズアップされていくことでしょう。

牡羊座の月は「自分が一番であること」を強く望みます。

誰にも自分に逆らって欲しくないし、行く手を遮られたり、軌道修正をさせられたりといった、「他者によるコントロール」を避けたがります。

いわゆる「ワンマン」の性質を持ちますが、一方で、

でも、1人で突き進んでいるけれど、本当の所、みんなはどう思っているのだろう?」

という不安が起こります。

  • 邪魔はされたくないけど、認めて欲しい。
  • 自分が間違っていても、人について来て欲しい。

といった、エゴを含んだ思いが交錯するのです。

天秤座の太陽は、人々との「バランス」を重視した行動をとります。
個人プレーは望みません。

こんな自分勝手なことをしたら、人は離れていくだろう

と、本能的に感じ取っているのです。

この「自分のペースで突き進みたい」という欲求と、「協調性を重視する」行動との間を取り持つもの。

刺激を与えるものが、山羊座の土星と冥王星になります。

個人レベルでは、この時期、自分が進めていこうとしているものに、強い調整が入る出来事が起きやすくなるでしょう。

牡羊座の満月にすること

牡羊座の満月にすることのアイキャッチ画像

目上の人、法律、政治的なもの。「強い力」によって、行動と思考が遮られているような気持ちになる人も少なくありません。

しかし、「誰にも止められなかった」「調整できなかった」あなたの「はやる心」を唯一食い止め、調整するのが、この「大きな強い力」であるとも言えます。

今回の満月に起こる、心の衝動とそれを止める力に意識を向けましょう。

より高いパフォーマンスと周囲との協調を生み出すために、「自制心広い視野」が求められることになります。

世の中的には、今まで自分勝手に進めていた人や、勢力に対して、向かい風を感じやすくなります。

来年にかけて、徐々に世の中は厳しく流動的になる中で、前触れのような出来事が、この満月の前後に起こりやすくなるかもしれません。

坊主から牡羊座の満月のメッセージ

坊主から牡羊座の満月のメッセージのアイキャッチ画像

満月は、達成の時でもあり軌道修正、手放しの時でもあるんです。

もう不要になったものにも目を向けてみてください。

特に牡羊座のパワーは、スタートのエネルギーがとっても強いというエネルギーを持っています。

それは、自分自身を変えていくためのスタートにも言えることです。

このままじゃダメだ!

と心のどこかでわかってても変えられない事ってあるものです。

そんなものを、解放してあげる満月にしてみるのが開運のワンポイントです。

ライントーク占いの公式ページへ