射手座の新月!射手座の木星時代のグランドフィナーレ

坊主「神在聖」の「新月、満月情報コーナー」です。

 

11月27日、射手座で新月を迎えます。

今回の新月は、自身の星座に守護星がいる状態で迎える新月となります。

射手座の新月の詳細情報を、チェックしてみましょう。

射手座の新月について

射手座の新月についてのホロスコープ画像

2019年11月27日 0時5分頃に射手座で新月を迎えます。

昨年11月に射手座入りした木星も、12月2日に山羊座入りをします。

いわば「射手座の総決算」「グランドフィナーレ」といった空気が流れるようになります。

射手座の木星はすでに山羊座の金星と手を繋ぎ始め、まるで新しい恋人を見つけたかのように、新しい世界へ向かっています。

しかしながら、木星のホームグランドは射手座ですから、居心地の良い場所から旅立つ、「新しい旅に出る」ために必要な、非常にプレッシャーのかかる移動ともいえるでしょう。

その中で、射手座の新月では「この1年、自分は何を理想としてきたか」「どんな真実を見つけることができたか」ということを強く思案していくことになります。

今回の射手座の新月と太陽のペアは、他の天体とアスペクトを組みません。

このペアに手を差し出す天体はないということは、つまり、ただただ2人だけの世界を築くことになるのです。

どんな語りかけも、愛情も、煽りも、いかなる影響も受けず、ただただ哲学的に、学びを深めていく、そんな射手座の新月ともいえるでしょう。

射手座の新月から木星の山羊座時代へ

射手座の新月から木星の山羊座時代へのアイキャッチ画像

木星が山羊座に移る頃、西洋占星術の世界では「山羊座の空気」が強く流れていきます。

改元前や、直後の開放感であったり、新しい世界に対する希望であったり、そんなポジティブな感情は、人々の心から徐々に弱まっていくことになります。

非常に現実的な事柄や、難解な課題に立ち向かっていく準備が、射手座の新月においては、いかに

  • 自分の心や真実
  • 守るべきもの
  • 変えられない信念

そういったものを地固めしていくか…というテーマで進められていくのです。

その他、今回の射手座の新月で特徴的なこととして、蠍座の火星と牡牛座の天王星のオポジション(180度)が上げられるでしょう。

射手座の新月にすること

射手座の新月にすることのアイキャッチ画像

牡牛座の天王星は「新しい定番」を作り上げていくことと、何度かこれまでもお伝えいたしました。

この「定番の塗り替え」は断続的に、時に人々に不安定な感情を与えながら行われていきます。

今回もその塗り替え期のひとつで「自分が信じていたもの」にメスが入るような出来事があるかもしれません。

自分が決めたことは、これからも何度となく微調整が入ります。

今、何かしらモヤモヤとスッキリしない事柄を抱えている人ほど、この射手座の新月ではひたすら自分の考えをまとめていく作業が求められます。

「自分の意見」というものを持ち、追求していく。

これが射手座木星、射手座新月の最大の宿題とも言えるのです。

この時期に起こしたいアクションは、「世の中の新しい流れを把握する」ことです。

上質な情報を積極的に手に入れましょう。

高度な学びにもひるまず、新しい知恵を取り入れましょう。

その上で得た自分の「意見」に耳を傾けましょう。

これからの激動の世の中に必要な物は「学びである」ということに気付くのも、そう遠くない未来のことかもしれません。

坊主から射手座の新月のメッセージ

坊主から射手座の新月のメッセージのアイキャッチ画像

学ぶこと、知ることって実は想像以上に大切なことです。

もう大人なんだから、学ぶことなんてないでしょ?

 

と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。

人生、死ぬまで学びです。

学ぶことで、人生は開けていくのです。

そして学ぶことで、しっくりいく人生を歩めるようになるということを射手座の新月が私たちに伝えたいのかもしれませんね。

ライントーク占いの公式ページへ