いて座の満月!思考と状況の変化の間で

坊主「神在聖」の「新月、満月情報コーナー」です。

6月17日に、いて座で満月を迎えます。

今回のいて座の満月のパワーについて、すると良いことについてチェックしていきましょう。

6月17日のいて座の満月

6月17日のいて座の満月のホロスコープ

2019年6月17日、射手座で満月を迎えます。

今回の射手座の満月はなかなかのロックさ。

思いとは別の所で、様々な感情が渦巻く。

そんな激しさを伴った満月になるでしょう。

まず、アスペクトは双子座の太陽-射手座の月のオポジションのみという、今回の射手座の満月。

もっと知的好奇心を刺激させたい
それならばもっともっと情報を取り入れよう

という賑やかさ。

知性と知性のキャッチボール。

子どもと大人が意見を交わし合うような、新しいものと古いものとのぶつかりあいが起こります。

いて座の満月のパワー

いて座の満月のパワー

「勉強をしたい」という気持ちが高まりますし、「物事を知って起きたい」という欲求もあふれます。

この純粋な「知性」のやりとりのそばで、「感情」と「理性」の激しいぶつかり合いが起こります。

蟹座では水星と火星が重なり合い、衝動的な発言も増えてくるかもしれません。

振り返れば、もっと冷静に捉えられていたことも、その時には自制心を失う程の「言葉の棘」を投げかけてしまう人もいるかもしれません。

修復不可能なやりとりになったり、限界値に達した忍耐などが突如リセットされたりと、世の中的には穏やかなではない出来事も起こりやすくなるでしょう。

また、情報合戦のようなものも繰り広げられ、知力のある人による情報操作にも気を付けたい時です。

「情報を手に入れたい」という欲求がマックスに達しますし、衝動的に取った行動は思いがけない結果を生み出すこともあります。

できるだけ純粋な情報を取り入れるよう、強く意識していきましょう。

他者へのフラストレーションは「学び」にぶつけるようにしましょう。

いて座の満月のホロスコープから気になること

いて座の満月のホロスコープから気になること

あと1点、この射手座の満月で特徴的なものは、「天王星」の孤立です。

満月の瞬間、牡牛座の天王星はどの天体とも手を結びません。

これは何を意味しているかというと天王星の性質が、どの天体の影響を受けず、「改革が単独で行われる」ということです。

時にその「単独な改革」は、思わぬ結果を引き起こす事があります。

今回の射手座の満月では、「激しい変化」を意識する人もいるかもしれません。

  • 当たり前の事が当たり前ではない。
  • 昨日の勝者が今日になると立場が変わっている。

「当たり前」「普通」に囚われていると、世の中に取り残される、そんなメッセージを天王星の孤立は与えてくれる。

射手座の満月では、思考をマックスにし、知力をどんどん磨いていきましょう。

新しく深い知識を取り入れれば取り入れる程、あなたをさらに高いポジションへいざなってくれることでしょう。

坊主からいて座の満月のメッセージ

坊主からいて座の満月のメッセージ

いて座といえば、弓矢の矢が放たれる、そんな性質を持っている星座になります。

いつでもどこにいても、頭はフル回転。

次はどこに行こうか?
虎視眈々といろいろなものを狙っている、そんな星座です。

今回のいて座の満月は、ふたご座の意味する好奇心を満たし、いて座の学びを進めていく。

学びが鍵となる、そんな満月となるでしょう。

ライントーク占いの公式ページへ