「2019年後半のやぎ座の運勢」西洋占星術で下半期を坊主が占ってみました!

坊主「神在聖」の西洋占星術占いのコーナーです。

2019年の後半戦、下半期の運勢を西洋占星術で占ってみました。

やぎ座のあなたの星廻りはどうなっていくでしょうか?

やぎ座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

やぎ座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の山羊座は、トンネルの中にいるような、ちょっとした閉塞感のある感情を抱きやすいときです。

山羊座は自分の意思をしっかりと持ち、決定に確信を持ち、人に采配を振るいます。

しかし、今年に入って自分の決断が本当に正しかったのだろうか?と自問自答をすることもあったかもしれません。

自分が信じられないという感情が、周囲に対する言動をためらわせてしまう。

そんな負のスパイラルが陥りやすいのが下半期の山羊座の傾向といえるでしょう。

心のメンテナンスを重点的に、自分の弱い部分や改善したい部分に対し、勇気を出して見つめる。

そして理解を深め、再び高みへと持っていく。

そんな繰り返しの作業は山羊座にとっては厳しいトレーニングに感じられるかもしれませんが、この経験が今後の山羊座の発展に作用するアクションなのです。

11月になると山羊座に木星が入ります。木星は拡大、発展の星ですが、もはや山羊座にはそのようなサポートは必要性が感じられないものであるかもしれません。

地に足をつけた思考と行動こそが大切と気づくことでしょう。

来年は山羊座にとって非常にドラマティックな展開となります。自分自身が主人公となるような場面も増えます。

下半期は自分を鍛えるための課題をこなすことに集中しましょう。

やぎ座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

やぎ座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の山羊座の恋愛運は、男性、女性としての関係性というよりは、人間同士のやりとりにスポットライトが当たります。

交際中の人は「現実的にこれからどうしますか」という意思確認が行われるかもしれません。

これは二人の対話の中で行われる前に、まず自分自身への問いかけとなります。

出会いを求めている人は、強い孤独感を抱く人もいるかもしれません。

将来に対する不安や自分に対する否定的な思いを認め、「自分を癒す」ことに集中しましょう。

チャンスが訪れるのは11月から。視界が明るくなったことに気づくことでしょう。

やぎ座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

やぎ座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の山羊座の仕事運は、タフなマインドが求められます。

昨年から続いている次から次へと起こる課題の数々は、「もう無理かもしれない」という限界からのトレーニング。

経験値を高めるために孤軍奮闘する場面もあるかもしれません。

この時期に必要なことは、「何を続けて、何を止めるか」です。秋までにしっかり思案することで、思い切った決断ができるようになるでしょう。

11月からは山羊座にとっては勝負時。

鍛えられた精神力で新しいチャレンジが舞い込みます。

ハードな程、実りの大きな結果となるでしょう。

やぎ座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

やぎ座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の山羊座の金運は、7月、8月は他人の金銭トラブルに気をつけましょう。

また、親類など身近な関係性において、深刻な争いごとが生まれやすくなります。

冷静な判断を心がけることが、回避のコツです。

趣味やレジャーのジャンルで散財傾向になる人も。

財布の紐はしっかり締め、使うべきところに力が入れられるよう、健全な金銭感覚を磨いていきましょう。

やぎ座のあなたへワンポイントアドバイス

やぎ座のあなたへワンポイントアドバイス

大丈夫、自分を信じましょう。

たとえ、暗いトンネルの中にいたとしても、あなたの人生で起こることはすべてあなたに必要な経験です。

あなたになら、乗り越えることができるのです。

ライントーク占いの公式ページへ