「2019年後半のしし座の運勢」西洋占星術で下半期を坊主が占ってみました!

坊主「神在聖」の西洋占星術占いのコーナーです。

2019年の後半戦、下半期の運勢を西洋占星術で占ってみました。

しし座のあなたの星廻りはどうなっていくでしょうか?

しし座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

しし座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の獅子座は、とても華やかな雰囲気からスタート。

獅子座らしい輝きを放った、勢いのある運気の中で下半期に突入します。

2018年の下半期は獅子座にとって波乱万丈ともいえる時でした。

時に人間不信に似たような感情と、自分の殻に閉じこもりたいというクローズドな雰囲気に包まれていたかもしれません。

ですが今年の下半期の獅子座は本来の明るさを取り戻し、周囲を照らすような自己アピール力に富んでいます。

楽しい予定が次々と年末に向けてはいってきますし、ワークライフバランスの見直しも積極的に行われていくでしょう。

楽しい予定が目白押しの中で、11月になると「節目」を感じる出来事が増えてくるでしょう。

楽しく浮かれた気分は徐々にクールダウンされ、手つかずになっていた現実的な問題に真剣に取り組む場面が増えてきます。

「楽しいばかりではやっていけない。そもそもつまらない」と、自ら負荷を課すようなドラマも起こるかもしれません。

11月以降はより現実的に物事に対して取り組まざるを得ない展開になってきます。

それまでのスポットライトを浴びたような日々とは対照的になりますので、上手に現実モードに切り替えられるよう意識していきましょう。

浮かび上がった問題点は丁寧にメモを取り、来年の飛躍のきっかけと捉えていきましょう。

しし座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

しし座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の獅子座の恋愛運は、重要な出会いや転機、そして2人の関係性において一つの節目となるようなそんなドラマティックな展開を迎える人が多くなるでしょう。

まず、7月の終わりから8月にかけては、「勝負」をするような、強い「気合い」のようなものが求められます。

マンネリを感じている人や自分を変えたいと思っている人にとってはまたとないチャンスといえます。

8月下旬あたりまで自分ができる限りの戦いをしっかり行っていきましょう。

11月になると徐々にクールダウン。現実的な問題も表面化する時です。

しし座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

しし座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の獅子座の仕事運は、「現実逃避」の様相。

楽しい事が目白押しで、「つまらないことはしたくない」「できれば楽をしたい」という気持ちが強くなってきます。

8月に入ると自分自身の問題として気持ちを奮い立たせることができてきますが、根底には「遊んでいたいな」という願望がありますので、仕事運としてはやや物足りないものになるかもしれません。

楽しい目標を設定し、遊びながら勉強するといった、楽と苦をミックスさせた向上心がこの時期の仕事運を盛り上げるポイントと言えるでしょう。

しし座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

しし座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の獅子座の金運は、やや不安定な時といえます。

とくに「娯楽費」の上昇は獅子座にとって課題の一つとなるかもしれません。

過度な交際費の削減は運気の空いたいを招きます。いつもより多めの予算を設定し、予算無いで弾けられるプランを立ててみると良いでしょう。

11月までは心が浮かれ気味になりますので、「自分への投資」の制限も、この時期心がけておきたいポイントと言えるでしょう。

しし座のあなたへワンポイントアドバイス

しし座のあなたへワンポイントアドバイス

日々ハッピーに、楽しんで生きましょう!

これをやっちゃダメ、これをしなきゃ!

そんな考えに囚われてしまうと、日々トーンダウンしてしまいます。

ワクワクすること、やりたいことに目を向けていきましょう。

ライントーク占いの公式ページへ