「2019年後半のいて座の運勢」西洋占星術で下半期を坊主が占ってみました!

坊主「神在聖」の西洋占星術占いのコーナーです。

2019年の後半戦、下半期の運勢を西洋占星術で占ってみました。

いて座のあなたの星廻りはどうなっていくでしょうか?

いて座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

いて座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の射手座は、大きなビッグウェーブの中にいます。

昨年に射手座に入った木星は、様々なお土産を射手座に差し出してくれます。

一方で、自分の中にくすぶっていた思いが、まるで細胞分裂のように広がりやすくなります。

小さな感情を大切に扱いたい時とも言えます。

以前からチャレンジしたかったものがあれば、秋の気配が感じるころまでに少しでも手をつけておきましょう。

また、比較的ゆるく時間が流れているという射手座の人もいるかもしれません。

木星は「行動を起こす者」「行動を起こしたいと思っている者」に強く反応をします。

行動を起こすためのきっかけを与えてくれたり、克服しなくてはならない問題点を与えてくれたりするのです。

現状に満足をしている人は漫然と時が流れていくような感覚になるかもしれません。

「何にもいいことがないな」と感じている人は何かひとつ、チャレンジを取り入れてみましょう。

退屈な思いこそ、自分が変わるチャンスともいえるのです。今ある平和をさらに発展させるために何ができるか?射手座の守護星は木星です。

優しくあなたを見守っている存在にぜひ問いかけてみましょう。

11月を過ぎると次のチャプターに進みます。何を始めようと思ったでしょうか?第一歩を踏み出すための具体的な行動を起こしましょう。

いて座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

いて座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の射手座の恋愛運は、「芽吹き」を感じられるとき。

出会いを求めている人は積極的に「きっかけ作り」を行っていきましょう。

今まで足を踏み入れたことのない場所であったり、これまでの自分であれば起こさなかったアクションであったり、初めて自分が体験することが、重要な「きっかけ」となって、射手座の恋愛運を刺激するでしょう。

交際中の人は良くも悪くも「結果」が出るとき。

順調に進む恋愛はもう一段階関係が進むものの、アンバランスな関係性においては、答えを出さざるを得ない場面も。

流れに身を任せることが運気の波に乗るコツです。

いて座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

いて座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の射手座の仕事運は、「欲」を持って挑みたいとき。

チャンスの種があちらこちらに落ちています。

ひとつひとつを丁寧に拾い上げること。

精査は来年じっくりと取り組むことになります。

今学びたいこと、資格取得などに対しては、高レベルのものをチョイスしていくとよいでしょう。

今後12年先の自分を強く意識することで、人生に対しての「欲」が出てきます。

「まだまだ自分は輝ける」という強い意志こそが、下半期の射手座に求められる意志と心がけといえるでしょう。

いて座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

いて座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の射手座の金運は、物事を「整理」するときといえます。

先行投資として出費が増している人もいるかもしれません。

自分の収支を確認し、無駄なものを省き、できるだけ自己投資に回すことで、自己経済がスムーズに流れていきます。

過度な消費も、執着度の高い貯蓄も、パフォーマンスを低下させる一因となります。

将来の自分がアクティブに生きるために、収支を見直し管理していきましょう。11月以降は「守りこそ最大の攻め」を実感する出来事が増すことでしょう。

いて座のあなたへワンポイントアドバイス

いて座のあなたへワンポイントアドバイス

頭で思い描いているだけじゃ、何も変わりません。

今こそ行動を起こす時です。

木星のご加護の中、どんどん動いていきましょう。

夢を形に!

ライントーク占いの公式ページへ