「2019年後半のふたご座の運勢」西洋占星術で下半期を坊主が占ってみました!

坊主「神在聖」の西洋占星術占いのコーナーです。

2019年の後半戦、下半期の運勢を西洋占星術で占ってみました。

ふたご座のあなたの星廻りはどうなっていくでしょうか?

ふたご座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

ふたご座の2019年後半の運勢「全体運」@坊主の西洋占星術

2019年下半期の双子座は、年明けから続く新しい人間関係作りのラストスパートとなります。

「人は一人では生きていけない」というフレーズが頭の中をかけめぐり、多くのドラマが双子座の中にいくつも展開していることでしょう。

ショートドラマ、連続ドラマなど、並行して流れているストーリーはどれも、「刺激的な登場人物」によって盛り上がっていきます。

孤軍奮闘していた人にも手を差し伸べてくれるサポーターが多く登場していることでしょう。

また「夢」を描く人が増え、一緒に叶えたいという空気が流れてきます。

仲間と一緒に起こした行動が、思いがけない発展に繋がることも。

これもドラマのひとつといえます。

8月はさらに人間関係に賑やかさが生まれ、人が人を呼ぶという「縁の連鎖」が繰り広げられるようになります。

11月になると登場人物は徐々に減り、「本当に必要な人」にスポットライトがあたります。

やや八方美人になりがちだった人にとっては、軸を自分に向ける切り替わりとなります。

自分に何ができるのか、この人には何ができるのか、ひとりひとりを丁寧に見つめていく作業にシフトされます。

来年にかけ、増えすぎた登場人物が引き起こしたドラマのエンディングを思案していく時間も増えてくることでしょう。

ふたご座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

ふたご座の2019年後半の運勢「恋愛運」@坊主の西洋占星術

2019年の下半期の双子座の恋愛運は、出会いから交際まで嬉しい好調期に入ります。

この流れは今年の始めからの運気とも言えますが、秋にかけてはさらに盛り上がっていくでしょう。

9月後半から10月の前半にかけてはまさに勝負の時とも言えます。

人からも注目されやすいので、イメージチェンジなど身なりを整え、恋愛仕様に自分を変えていきましょう。

11月以降はややスピードダウン。交際中の人はお互いを見つめ直す時間が増えていきます。

絆を深めるためのメンテナンスを行いましょう。

ふたご座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

ふたご座の2019年後半の運勢「仕事運」@坊主の西洋占星術

2019年の下半期の双子座の仕事運は、「共同作業」がポイントになります。

双子座の軽やかな思考回路とデュアルワークへの対応力は、この時期の双子座に求められるスキルです。

集中力を分散させることなく、ひとつひとつに取り組むタフさも身に着けたいところです。

7月は積極的な情報発信と好奇心をフル活用する時。

ちょっとしたアウトプットが思いがけない展開を生み出すでしょう。

また、仕事上のパートナー関係は11月を境により「利益」を意識したものになります。

楽しいだけでは生み出せない深みを出していきましょう。

ふたご座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

ふたご座の2019年後半の運勢「金運」@坊主の西洋占星術

2019年の下半期の双子座の金運は、大きな変動に注意したい運気です。

入ってくるお金と出ていくお金の収支の差が激しい時期なので、管理はしっかり行いたいところです。

特に交際費がかさむ時。

コスパを重視したお店選びも防衛ポイントです。

11月以降は、積極的に取り組んでいないジャンルからの収入に縁があります。

長期的なスパンで取り組む貯蓄計画もスタートさせましょう。

ふたご座のあなたへワンポイントアドバイス

ふたご座のあなたへワンポイントアドバイス

2019年下半期は、特に仲間を大切にしていきましょう。

上っ面だけの知り合いじゃなく、本当の意味での仲間です。

そこに注目することが、開運の鍵となります。

ライントーク占いの公式ページへ