【2020年の運勢】いて座はある意味”最強”の運勢!「お金」と「愛」を武器に可能性を切り開く!

いて座のあなたの2020年の運勢を、占い師、ヒーラーとして活動中の神在聖(かみありひじり)が占います。

今回は、西洋占星術でいて座のあなたの来年2020年1年間の運勢を占ってみました。

いて座の運勢2020年(令和2年)バージョンを、全体運、恋愛運、結婚運、仕事運、金運、健康運別に占っていきます。

今年は神在聖からのメッセージと称し、「いて座のあなたのための2020年の人付き合いのワンポイントアドバイス」付きでお届けします。

さて、2020年のいて座のあなたの運勢は?

2020年のいて座の運勢!全体運

2020年のいて座の運勢!全体運の画像

2019年は支配星である木星を自身の星座に迎え、「原点に還る」ような体験をした方も多かったことでしょう。

2020年は言ってみれば新しいスタートのような年になるわけですが、とりわけ6月末~1月にかけては燃えるよう愛の季節!

火星がおひつじ座に長期滞在するため、あなたにとっては「愛」や「創造性」に関することが盛り上がりを見せる時期となるでしょう。

この時期は好きなこと(特にクリエイティブなこと)に集中して打ち込めるはずですよ。

また、2020年はやぎ座木星で経済活動に弾みがつく年でもあります。

ここで切り拓いた道は、2026年まで続いていく「働き方改革」にもプラスの作用をもたらずはず。

経済的な基盤をしっかり整えておくことで、選びたい道を自由に選べるようになる。

そんなイメージですね。(お金がなければ起業もできませんので)

変に遠慮せず貪欲に「お金」を求めていってOKです!

2020年のいて座の運勢!恋愛運

2020年のいて座の運勢!恋愛運の画像

全体運でもお伝えした通り、6月後半~2021年は愛に追い風が吹く時期。

運命を感じる出会いにも恵まれやすいので、常に多方向にアンテナを張っておきましょう。

すでにパートナーがいる方も、情熱的に愛を深めていくことができる季節です。

2020年の4月頭~8月の頭にかけて、金星がふたご座に長期滞在します。

ここはあなたにとって人間関係運を司る場所。

愛を運ぶビーナスがこの場所に滞在することで、とりわけ一対一のパートナーシップにステキな進展がありそうです。

ただ、途中(5月の中旬~6月にかけて)で逆行もあるので、言葉の行き違いなどには注意が必要ですね。

2020年のいて座の運勢!結婚運

2020年のいて座の運勢!結婚運の画像

恋愛運が好調な2020年は、愛がグッと育つ運気。

カップルさんは、結婚の話が具体的になってくるかもしれません。

互いの縁の強さを自覚し、改めて「運命」を感じるような出来事に恵まれるでしょう。

マンネリを感じていたカップルさんも、消えかけていた情熱の火を取り戻すような“アツい”季節となりそうです。

シングルさんはこの時期、運命を感じるような出会いが多くなりそう!

2011年から2019年頃まで続いていた「愛の分離」を乗り越えて、ここから一つの関係をじっくり深めていくことができそうです。

2020年のいて座の運勢!仕事運

2020年のいて座の運勢!仕事運の画像

2019年に蒔いた新しい種が、少しずつ芽を出し始める年。

2026年までは天王星が大規模な「働き方改革」を手掛けていく運気なので、自分に合った働き方や生き方を追求していくにはもってこいな時期です。

これまでの仕事への向き合い方、仕事の仕方、取引先との関係性などを見つめ直し、自分なりの新しいスタイルを確立していくにふさわしい運気と言えるでしょう。

就労条件や雇用形態が変わる方、独立・起業する方、もしかしたらリタイアする方・・・と、いろんなパターンが考えられます。

いずれにしても自ら新しい価値観や労働観を築き上げるような前向きな時間を過ごすことができる運気です。

2020年のいて座の運勢!金運

2020年のいて座の運勢!健康運の画像
 
やぎ座木星で、経済活動にスポットライトが当たる運気。

土星がやぎ座に入った2017年から「安定した収入を確保しよう」という流れはあったのですが、そのプロセスがここで「完成」するというイメージです。

お金の使い方や管理方法をシンプルにしたり、効率的にコストカットしたり・・・と時間をかけて努力してきたことがここで成果を結ぶはずです。

働き方改革で雇用形態が変わる方も多くなりそうですが、その基盤たる経済状況が安定することで思い切った選択をしやすくなると言えるでしょう。

2020年のいて座の運勢!健康運

2020年のいて座の運勢!金運の画像

2019年3月から天王星が滞在しているおうし座は、あなたにとって「健康運」を司るハウスでもあります。

2020年は、予期せぬ大きな病気が発覚するかもしれません。

しかし、だからといってそれがすぐに「死」」に直結するわけではなく。

病気をきっかけにライフスタイルを見直し、生活習慣を改め生活を根本から変えるよう促されるかもしれません。

そのプロセスを通じて「生きる意味」や「役割」を見つめなおすことになるでしょう。

支えてくれる周りの人々に感謝すると共に、「じゃあ、自分はそのお返しに何ができるのか?」と、自問自答することになるかもしれませんね。

いて座の人付き合いのワンポイントアドバイス

感情表現が激しい傾向があるかもしれません。

喜怒哀楽をわかりやす過ぎるくらいに表すので、相手はドン引きかも。

よく言えば素直で純粋なのですが、それが「重い」と感じる人は去っていくでしょう。

自分が「会いたい」と思っていても相手もそうとは限りません。

相手の状況を想像してみる余裕、思いやりを持つように意識してみましょう。

ライントーク占いの公式ページへ